04

SALOSUTA MEDIA

エステティシャンの仕事に対するイメージと適正について解説!


エステティシャンに対して、どのようなイメージを抱いているでしょうか。
人によって、エステティシャンの仕事に対するイメージが異なります。
今回はエステティシャンの実情に触れつつ、どのような方に適切があるか解説します。
エステティシャンに一体何が求められるのか気になっている方は最後までチェックしてください。

エステティシャンの仕事に対するイメージ

エステティシャンの仕事に対し、「華やかな仕事」「女性が多い職場だから仲が悪い」などのイメージを抱いているのではないでしょうか。
まずはエステティシャンの仕事に対するイメージについて触れていきます。

華やかなイメージを抱く方がいる

エステティシャンの仕事に対して、華やかなイメージを抱く方がいます。
「美を扱う」スペシャリストとしての一面を持つエステティシャン。
華やかなイメージの裏では、ハードな仕事をこなさなければならない現実があります。
お客様と接するため気を抜けません。
1日中立ち仕事なので、体力が求められます。

仲が悪いイメージを抱く方もいる

エステサロンは女性が多く働く職場です。
女性が多い職場だと、スタッフ間の仲が悪いとイメージする方もいるでしょう。
実際の現場では、チームワークを大事にしているエステティシャンが多いのが事実。
協力し合い、お客様に満足なサービスを提供できると感じているエステティシャンは多いです。
仲の良いスタッフ間で技術向上のために協力し合うなど、職場環境を重視するエステサロンも多く存在します。

エステティシャンの仕事がイメージと違うと感じる要因

人によってはエステティシャンの仕事がイメージと違うと感じているかもしれません。
ここでは、エステティシャンの仕事がイメージと違うと感じる要因について紹介します。

体力を要する時間が長い

エステティシャンは長時間立ったままお客様へ施術しなければなりません。
施術時間が延びると、立ち仕事の時間が増えます。
また、事務作業を行うために残業するエステティシャンもいます。

お客様からのクレームに対応しないといけない時がある

エステティシャンは、お客様との距離が近い仕事。
距離が近くなるのに伴い、お客様からのクレームも発生しやすくなります。
クレームの種類は様々ですが、エステティシャンとして、お客様からのクレームに対応しなければなりません。
エステティシャンとしての仕事は華やかなものばかりではないです。
お客様からのクレームを適切に処理し、同じようなクレームを未然に防ぎましょう。

ノルマが求められる

エステサロンによってはエステティシャンにノルマを課しています。
エステティシャンに求められるノルマは以下の通り。

  • 物品販売:アフターケア用の化粧品を販売すること
  • お客様の契約:お客様に継続契約をして頂くこと

ノルマが達成できないと責められたり、物品の買取を要求される場合があります。
歩合制を導入しているエステサロンだと、インセンティブとしての上乗せがなくなり、基本給のみになってしまいます。
人によっては、給料が安くなったと感じるかもしれません。
ノルマはエステティシャンにとって負担になることも多く、廃止の方向へ動いているエステサロンも増えています。

人間関係の難しさ

エステティシャンも他の職業と同様、人間関係が難しいという点では変わりません。
上下関係の厳しさも人間関係が難しい理由の1つ。
性格が合わない人と長時間一緒に働くのは辛いと感じる方もいます。

エステティシャンの仕事に求められる適正

エステティシャンの仕事に求められる適正が存在します。
一体何が求められるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか。
ここでは、エステティシャンとして働く際に求められる適正について触れていきます。

美容に対する関心

美容に対する関心のある方がエステティシャンに向いています。
美容に関する知識は豊富でないとお客様に認めてもらえません。
普段から美容のトレンドにアンテナを向け、情報収集を心掛けてください。
美意識の高いお客様が多く来店されるため、美容の知識が豊富だと会話にも困らず、適切な情報を伝えられます。

コミュニケーション能力

エステティシャンは、高いコミュニケーション能力を求められます。
理由はカウンセリングの中でお客様の悩みを聞き出し、お客様に適した施術を提供しなければならないため。
また、アフターケアの方法・日常の過ごし方のアドバイスなどを説明しなければなりません。
お客様を理解し、必要な情報を適切に伝えることで信頼関係を築くことが重要です。

向上心の有無

エステティシャンには、向上心が求められます。
美容に関する情報は、日々アップデートされています。
正確な情報を知らなければ、お客様に間違った施術を行うかもしれません。
また、アフターケアなどに使われる化粧品も進化し続けています。
適切な使い方を説明することも求められます。
エステティシャンとして働く際、美容の知識を意欲的に学びましょう。

体力に自信があるか

エステティシャンは立ち仕事のため、体力に自信があることが求められます。
人気のエステティシャンは予約が途切れないことも多く、十分な休憩が取れない可能性があります。
体調を崩さないように普段から健康を気遣い、体力をつけることが重要。
また、お客様に疲れた顔を見せるわけにはいかないので、常に笑顔でいられるかどうかも求められます。

ホスピタリティ精神

ホスピタリティ精神もエステティシャンに必要なものです。
ホスピタリティ精神とは、相手への思いやり・心からのおもてなし。
お客様だけが喜びを感じるのではなく、エステティシャン自身も共感し喜びを分かち合うことです。
ホスピタリティ精神がある人とは、目配り・心配り・気配りができる方を指します。
常に笑顔でお客様の立場になって、考えなければなりません。

美意識を常に保てるかどうか

エステティシャンは、美意識を常に保つことが重要。
お客様に不快感を与えないためにも、清潔感を保たなければなりません。
お客様に直接触れる手はもちろん、メイクの印象や整えられた髪、制服なども意識しましょう。
特に手や爪には注意が必要です。
爪はお客様に当たらないように短く、清潔にしてください。

まとめ

エステティシャンの仕事は華やかなイメージを抱く方が多い反面、求められるものが多いです。
お客様に質の高いサービスを提供するためにも、知識や技術を身につけなければなりません。
また、お客様だけでなく、スタッフとの人間関係を上手く築けるかどうかもエステティシャンを続けていくポイント。
エステティシャンの適性を理解し、1人でも多くのお客様から愛されるエステティシャンを目指してください。