04

SALOSUTA MEDIA

エステサロンの店長と独立開業したオーナーの給料について解説!


エステティシャンの方の中には、店長やオーナーにキャリアアップしたいと考えているのではないでしょうか。
給料をアップさせるためにキャリアアップを目指す方も一定数います。
この記事ではに、エステサロンの店長や独立開業したエステサロンのオーナーの給料を紹介します。
給料アップのポイントも取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

エステサロンの店長と独立開業したオーナーの給料

エステサロンのオーナーと店長では、給料の形態やなども異なります。
違いやメリット・デメリットなどを把握しましょう。
まずは、エステサロンの店長・独立開業したエステサロンのオーナーの給料を取り上げます。

エステサロンの方針で店長の給料が変わる

エステサロンの給与形態は以下の通り。

  • 固定給制
  • 固定給+歩合制
  • 完全歩合制

エステサロンによって給与形態が異なります。
また、エステサロンの規模や方針で店長の給料に変わるので、キャリアアップを目指す際は注意してください。
大手サロンでは、物販・指名などが給料に関わるのに加え、給料店長に役職手当がつく場合があります。
キャリアを重ねると、給料は上がりやすいです。
社内のルールなどを守ら泣いたといけないため、経営に自身の意見を反映しにくい点に注意しましょう。

独立開業すれば雇われている時よりも稼げる場合がある

独立して開業した場合、売り上げのうち、必要なコストを差し引いた額が給料となります。
上手くいけば、サロンで雇用されている時に比べて給料が増えるかもしれません。
エステサロンを開業する際、初期費用も多く発生します。
開業後、経営が軌道に乗るまでに時間がかかる点にも注意してください。
経営が軌道に乗れば、年収500万円〜1,000万円以上稼ぐこともできると言われています。

エステサロンの店長の給料に関わるポイント

ここからはエステサロンの店長の給料に関わるポイントを紹介します。
どんなことをすれば給料が上がるのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか。
ポイントを押さえ、できることから実践してください

売上目標を達成しているか

エステサロンの売上目標を達成できているどうかが給料に関わるポイント。
売上目標を達成すれば、給与に上乗せしてインセンティブがつくエステサロンが存在します。
継続して売上目標を達成することで社内での評価も上がり、昇給につながる可能性も高いです。

指名客をどのくらい増やしているか

指名客を増やすことも給料に関係します。
指名料をエステティシャンにバックする制度・指名客に応じた手当を採用しているエステサロンが多いです。
給料に歩合制を取り入れているエステサロンでは、指名客の数が重要。
指名客が増えれば増えるほど、給料はアップします。
適切なコミュニケーションと質の高いサービスを心掛け、多くの方から指名されるようにしてください。

資格を取得しているか

エステサロンによっては、資格手当を採用しています。
資格手当はエステサロンで定められた資格を取得し、給料にその分の手当を上乗せされるシステム。
資格を取得し認定証を獲得すれば、お客様の信頼感や指名の獲得効果も期待できます。
エステ業界の資格で代表的なものとして、AEA認定エステティシャン資格・日本エステティック協会資格などがあります。

どの地域で働いているか

給料は働いている地域によっても異なります。
統計によると、地域別で比較すると最も平均年収が高い地方は北海道・東北、関東地方、関西地方。
平均年収は360万円を越えていますが、それ以外の地域では年収350万円以下の地域も存在します。
地域の人口や住民年代、ニーズの違いなどによって年収には差があるのが現状です。
大手サロンであっても勤務する地域によって給料が異なるので、キャリアアップを目指す際は注意してください。

店長・独立開業を目指すためには経験を積むことが重要

店長への昇格・独立開業は施術の知識・技術を身につけつつ、後輩スタッフを指導する力や売上・目標を管理する能力が求められます。
エステティシャンとしての経験だけでなく、経営面での経験とスキルアップも必要です。
店長に昇格または独立開業した後もスキルを磨き続けなければなりません。
エステサロンの経営に関する知識をつけたい場合、セミナーや本などで習得するのもおすすめです。

エステサロンを経営していく上で店長選びが重要

エステサロンのオーナーとして経営に携わる場合、店長選びが重要。
店長選びの主なポイントは以下の通りです。

  • エステサロンの理念やビジョンを理解・共感しているか
  • 人柄
  • スキルレベル

総合的に見て判断しましょう。
個人売上が高くても、店長に適していない方もいます。
店長に求められるスキル・役割などを明確に設定し、エステサロンの店長選びを進めてください。

まとめ

エステサロンの店長になれば、給料アップが期待できます。
また、経験を重ね、独立開業を目指すエステティシャンも一定数います。
経営の手腕によって、給料が変わるので、独立開業を視野に入れている方は注意してください。
給料アップに関わるポイントを押さえ、できることから取り組むことが重要です。