04

SALOSUTA MEDIA

エステサロンを開業して年収を上げるポイントについて解説!

せっかくエステサロンを開業するなら、今までよりも年収を上げたいですよね。
しかし、実際には「どうすれば年収アップにつながるのかわからない」とお悩みのかたも多いと思います。

ということでこの記事ではエステサロン開業後、年収を上げるためのポイントを解説します。
ポイントを意識しながら実践し、年収アップにつなげましょう。

エステサロンを開業したオーナーの年収

エステサロンを開業したオーナーの年収

まずはエステサロンを開業した場合のオーナーの年収について、ご説明します。
エステサロンのオーナーの年収は300万円〜1000万以上となっており、サロンの規模や立地により
かなり差があるのが現状です。

個人経営のサロンの場合、年収が200万円程度の方もいますが、全体的な平均額は
年収400〜500万円となっています。

エステサロンを開業し、年収アップを実現するためには、利益を増やすためのポイントをしっかり把握し、
経営に取り入れていくことが大切です。

開業してから黒字化するのにかかる期間

開業してから黒字化するのにかかる期間

 

エステサロンは開業費用が高額なため、黒字化させるためには時間がかかると言われています。
また、新規開業したエステサロンのうち半数は1年以内、90%が3年以内に
廃業してしまっているのが現状です。

成功したエステサロンの経営者の多くは、経営を安定させるまでに1年〜3年ほどかかったとも
答えています。
そのため、開業して黒字化するまでには早くても半年は見ておく必要があり、
長ければ2~3年かかる場合もあることも頭に入れておきましょう。

エステサロンを開業して年収を上げる際のポイント

エステサロンを開業して年収を上げる際のポイント

年収を上げるためにはポイントを理解し、開業準備や経営に取り入れていくことが大切です。
ここからは実際に、エステサロンを開業後に、年収を上げるためのポイントをご紹介します。
できることから実践することが年収アップへの近道です。

経費をかけ過ぎない

年収を上げるためには、サロンの利益を増やすことが大切です。売上が多くても、
利益が少なければ年収はいつまで経っても上がりません。

したがって、年収を上げるためには、サロン経営の経費を抑え、利益を増やすことが
重要なポイント
です。
なかでも固定費は削減することで、経営の黒字化を実現しやすくなります。

売上のうち家賃、人件費、商材費をはじめとする固定費の割合が、どの程度の割合を占めているのか把握し、
なるべく固定費を抑えることが大切です。

集客を増やすために立地を意識する

サロンを黒字化し、年収アップを実現するためには集客を増やすことが重要です。
そのため、サロンの出店場所が集客しやすいかどうか検討する必要があります。

駅近くや都心部であれば人の流れが多く、利便性も高いため集客も期待できますが、
競合店が多いなどのデメリットも存在します。

開業前の段階で出店しようとしている場所の最寄駅の乗降客数の数、利用者の層、
競合店舗の状況をしっかりリサーチし、出店場所を決めることをおすすめします。

SNSでの集客を行う

SNSを上手に利用し、エステサロンの認知度を上げ、集客につなげること
年収を上げるための近道です。

近年ではSNSを活用した集客が一般的になっており、
InstagramやTwitterのようなSNSは基本的には無料で使うことができます。

集客費用を抑えることができるので開業したでも導入しやすいのもポイントです。
サロンの位置情報やハッシュタグ機能を使い、ひとりでも多くのお客様に見てもらうことで
集客率と年収アップにつながります。

予約システムを導入する

予約システムを導入し機会損失を減らすことも、年収を上げるポイントのひとつです。
予約システムを導入すれば、営業時間外でも予約を受け付けることができます。
また、営業中に予約業務に割いていた時間を施術に回すことができます。

また、予約システムには予約の受付や管理だけでなく、リピーター獲得のための機能や
売上分析機能などがついている場合も多いため、サロンの集客率アップや業務効率改善にも
有効活用することができるのもメリットです。

他店との差別化を図る

他店との差別化を図り、お客様に魅力的なエステサロンだと感じて頂くことも集客率を上げ、
年収を上げるための大切なポイントです。

サロン業界の集客競争が激化しているなかで安定した売り上げを上げるためには、
「選んでもらえるサロン」になる必要があります。

開業を準備する段階で、周辺のサロンについてリサーチしたうえで、
コンセプトを明確化し、サロン独自のこだわりや強みをアピールして
差別化を図れば、より高い集客効果を期待できます。

客単価を上げる

年収を上げるためには客単価を上げ、安売りし過ぎないことも大切です。
価格が低ければ価格に魅了されたお客様は集まりますが、利益は増えません。

また、客単価を上げるといっても、値上げをするということではなく、客単価を
上げるためにサービス内容を拡充させることが重要です。

オプションや特別メニュー、物販促進などで、お客様にとってもメリットになる
サービスを提供し、客単価アップを実現することが、年収アップにつながります。

撤退基準を明確にする

開業する際は、万が一経営が安定せず、黒字化できなかった場合の轍退基準を
明確にしておくことも重要です。
撤退基準を明確にすることで、損失を最低限に抑えることができます。

基準の決め方としては、
・目標達成度
・財務状況
・近隣競合店舗の状況

などを見て決める方法があります。
黒字化できない場合、売上の目標達成度も低く、財務状況もよくないことがほとんどです。
改善する見込みがなければ、早めに撤退を決意することも大切なポイントです。

コンサルタントからのサポートを受ける

エステサロンの年収を上げ、黒字化するためにはコンサルタントから経営に
関するサポートを受けることも重要です。

コンサルタントを利用すれば業界に関する専門知識や事情に詳しいコンサルタントから、
サロンの状況にあった適切なアドバイスを受けることができるので、成功が近づきます。

もちろん、その分の費用は発生しますが、経営を少しでも早く安定させて、
年収を上げたいというサロンオーナーの方はぜひ利用することをおすすめします。

黒字化した後も運転資金を残すことが重要

黒字化した後も運転資金を残すことが重要

サロンの経営が安定し、黒字化に成功したあとも事業を継続させるためには
充分な運転資金を残しておく必要があります。

手元に残しておく運転資金の目安額は、平均売上金額×3ヶ月分、
可能であれば6ヶ月分残しておくとより安心です。

サロン経営においては、いつどんなことが起こるかわかりません。
黒字化したからといって安心するのではなく、 不測の事態が起きてもサロンの運営を継続
できるよう、きちんと準備しておくことが大切です。

まとめ

まとめ

エステサロンの経営において、黒字化しつつ、年収を上げるためには意識しなければならない
ポイントがたくさんあります。

また、黒字化した後もリスクに備えて運転資金を残しておくことも、
経営を長く続けるためのポイントです。

ポイントを把握し、日々実践しながら、エステサロンの売上や
ご自身の年収アップにつなげていきましょう。