04

SALOSUTA MEDIA

ポップでエステサロンの売上を増やすためのポイントについて解説!


エステサロンの店内で目に入る華やかなポップ。
ポップを上手に使って、お客様単価アップやサロンの売上アップにつなげたいと考えている
経営者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では売上アップを期待できるポップを作成するためのポイントをご紹介します。
ポップで店内を華やかに演出しつつ、売上アップにもつなげましょう!

エステサロンの店内に貼られているポップとは何か

エステサロンの店内に貼られているポップとは何か

ポップは単なるサロン内の装飾ではなく、サロンのメニュー紹介や物販品、キャンペーンの宣伝を
することを目的とした、いわば店内に置き型の広告です。

ポップにおすすめポイント、価格などを記載することで、スタッフが説明をしなくても
お客様に情報が伝わります。

ポップをおこくことで、商品やサービスに対するに対するお客様の認知度が向上し、
購買意欲の促進効果を期待できるのがメリットです。
上手に活用すれば、売上アップが実現します。

ポップでエステサロンの売上を上げるためのポイント

ポップでエステサロンの売上を上げるためのポイント

ポップには売上を上げる効果があるとはいえ、実際には「どういうものを作成したらいいかわからない」
とお悩みの方も多いと思います。

ここからは「サロンの売上アップにつながるポップ作り」のポイントをご紹介していきます。

施術・商品・キャンペーンの情報を分かりやすく伝える

ポップを作る際に重要なのは「わかりやすさ」です。
実際にお客様がポップを目にする時間は短い時間で、場合によっては一瞬のこともあります。

そのため、サロンの伝えたいことが短時間でしっかりお客様に伝わるよう、
施術・商品・キャンペーンの情報は簡潔に伝えることがポイントのひとつです。
また、ポップ内では商品の購買やキャンペーンの参加を促すことはもちろん、
施術の効果をイメージしやすくするのも作成時のポイントになります。

写真・イラストで発信したい情報を分かりやすく伝える

ポップは写真やイラストを活用し、施術や商品の効果に関する情報を分かりやすく伝えることで、
より売上につながりやすくなります。
文字だけでは読みづらく、実際の施術効果のイメージもつきにくいです。

しかし、写真やイラストを活用することでお客様はそのサービスに対する
イメージがつきやすくなり、親近感が湧きます。

用意するのが難しければ、写真やイラストのフリー素材もありますので、施術に
関連ありそうなものを使用するのもいい方法です。

販売したい商品に視線が向くように配置する

販売したい商品に視線が向くようにポップを配置して、購買を促すのも売上を上げるための
重要なポイント
です。

せっかくポップを作成し、興味を持ってもらえても、その商品がどこにあるのかわかりづらければ、
購買意欲は下がってしまいます。

販売したい商品のポップは、お客様の目につきやすく、
商品を実際に手に取りやすいような位置に置くようにしましょう。
たとえば、レジ前や荷物置きの横など、お客様が一度止まる場所がおすすめです。

レイアウトを意識する

ポップは見た瞬間、お客様の目を引くことができることが大切です。
お客様の商品への好奇心を掻き立てるようなデザインを意識して作成してみましょう。

一方で、あまり派手なデザインにしすぎてしまうと広告感も強く、
雑然としたイメージになってしまうので注意が必要です。

ひと目見ただけで、
・商品や施術の効果
・価格や販売期間
・おすすめポイント
どお客様に必要な情報がしっかり伝わるようなデザインにすることで、
売上アップ効果が高まります。

手書きでポップを作成する

パソコンでもポップは作れますが、手書きのポップもおすすめです。

パソコンを使うと本格的なポップを作ることができますが、少し堅しく、
宣伝感が強い仕上がりになってしまいます。

一方、手書きで作成することで、ポップ自体に温かみが出るのがポイントです。
その結果、お客様が商品や施術に親近感を感じやすく、興味を持ってくれる
可能性が高まります。
サロンのスタッフの中に、得意なスタッフがいればぜひ、
手書きで作成してみましょう。

実例を参考にする

他店の実例を参考にポップの作成・配置を行うのも売上を上げるポイントになります。
他のサロンで使用しているポップの

・イラストやフォント
・内容
・置き場所

など参考にしながら、自店のポップ作りにも反映してみましょう。
ずっと作成していると、デザインもマンネリ化してしまい、お客様の関心も
薄れてしまいます。

他のサロンのポップを参考にすることで、自身のサロンの改善点などに気づくことができ、
より良いポップを作成することができます。

色を3色以内に留める

ポップを作る際は色使いも重要なポイントです。
もちろん白黒よりもカラーのほうがお客様の目につきやすくなります。

しかし、色を使良すぎてしまうと、雑然としたイメージになってしまいます。
ポップを作る際は、色を3色以内に留めて視認性を向上させるようにしましょう。

また、色を使う際には
・商品名や値段
・効果やキャッチコピー
・注目成分やおすすめポイント
など、お客様に一番伝えたい部分をカラーにすることをおすすめします。

QRコードを載せる

ポップにQRコードを載せ、サロンのSNSや公式サイトを知ってもらう
きっかけ作りをするのもおすすめです。

この場合、ポップには
・サロンのSNSや公式サイトではどんな情報がみれるのか
・フォローやサイト訪問をするとどんな特典があるのか

など、お客様がアクセスしたいと感じるような案内を記載することがポイントです。
サロンのSNSをフォローや公式サイトを定期的にチェックしてもらえれば、
リピート利用の促進効果を期待できます。

チラシでキャンペーンなどの情報を発信するのも重要

チラシでキャンペーンなどの情報を発信するのも重要

ポップだけではなく、チラシを配布も売上を増やす方法のひとつです。
店内のポップでは、お店の中に足を踏み入れた人の目にしかとまりません。
また、見ていただける時間も短いです。

しかし、お客様のお会計時や街頭でチラシ配布を行うことで、より多くのお客様に
みていただくことができ、渡した瞬間に読んでもらえることも多いです。
アプローチする人数を増やすことができるため、集客率増加を見込めるので、
チラシも活用してみましょう。

まとめ

まとめ

エステサロンでは、ポップを作成し、掲載することも売上アップにつなげるための大事な施策です。

また、売上増を実現するにはポップに記載する内容やレイアウト、貼る場所にも配慮する必要があり、
他のサロンの実例や日々試行錯誤を重ねていくことが大切です。

ポップを上手に活用し、たくさんのお客様の心を掴めるようになりましょう。