04

SALOSUTA MEDIA

エステティシャンの仕事を志す方へ!気になる業務内容について解説


今回は、エステティシャンの業務内容に関心のある方に向けて、
エステティシャンの仕事について詳しく紹介いたします。

具体的な内容は、1日におけるエステティシャンの仕事の流れについて。
そして、エステティシャンの業務内容についても詳しく紹介させていただきます。

今回の記事を読めば、エステティシャンの仕事について具体的に把握でき、
これから仕事をしようと考えている方にとって良い勉強になるでしょう。

転職したあとにも、どういった業務内容があるか事前に分かるため、
転職を考えている方は是非参考にしていただければと思います。

1日におけるエステティシャンの仕事の流れ

1日におけるエステティシャンの仕事の流れ

エステティシャンの1日の仕事の流れは、出勤後、まずサロンの清掃を行い、
癒しの空間を作ります。
次に、エステで使用する器具や道具のチェックを行います。

その後、全員でミーティングを開き、注意事項や予約内容を確認し、
スタッフ間で共有します。

開店後、担当のお客様にカウンセリングを行い、施術ルームへと案内します。
施術後は片付けやセッティングを行い、休憩は交代で取ります。

閉店後には、その日の売り上げを報告し、店内の清掃を行います。
そして翌日の準備と予約の確認を済ませてから退勤します。

エステティシャンの業務内容

エステティシャンの業務内容

エステティシャンの業務内容を紹介します。
主な業務は、お客様への施術やカウンセリングです。

これに加えて、受付・会計、商品の販売、WEBサイトやSNSの管理なども担当します。
また、エステサロン内の衛生管理も重要な業務の一つです。

お客様への施術

エステティシャンのメイン業務は施術です。

手技や機器を駆使して、お客様の悩みを改善するための施術を行います。エステティシャンは
身体のあらゆる箇所にエステティックを施せます。

まずは、顔に対して行うフェイシャルエステがあります。
次に、全身に対するボディエステがあります。
これにはリラクゼーションや引き締めなどが含まれます。
さらに、脱毛や痩身の施術も重要な業務です。
また、結婚を控えたお客様のためのブライダルエステも提供しています。

お客様へのカウンセリング

カウンセリングは、特に初めて施術を受ける方を対象に行われます。

お客様の肌や身体のタイプ・状態・目的を分析するために、丁寧にヒアリングを行います。
お客様の要望や悩みを聞き取り、それに基づいて一人一人に合った施術やコースの提案をします。
これにより、お客様の期待に応える最適なケアを提供できます。

また、カウンセリングを通じてお客様とコミュニケーションを図ることで、
安心して施術を受けてもらうことができ、エステティシャンとの信頼関係を築くことも可能です。

信頼関係が築かれることで、お客様の満足度が向上し、継続的な利用にもつながります。

受付・会計

エステティシャンの業務の一つに、受付と会計があります。

サロンに来店するお客様の受付業務は、最初の接客として非常に重要です。
笑顔でお客様を迎え、名前や予約内容を確認し、施術ルームへ案内します。
この際の丁寧な対応は、お客様に良い第一印象を与え、サロンの信頼性を高めます。

施術が終わった後は、会計業務を担当します。
お客様が支払いをスムーズに行えるよう、迅速かつ正確に対応します。
また、会計時には次回の来店予約を促す案内も大切です。
お客様に再度の利用を勧めることで、リピーターを増やすことができます。

商品の販売

エステティシャンの業務には、商品の販売も含まれます。

エステサロン内で取り扱っている商品を販売し、お客さんに適したホームケア化粧品を
提案します。

ただ商品を紹介するだけではなく、販売に繋げるためには、商品の特徴やオススメする理由、
使用方法などを丁寧に説明します。

また、施術で使用した商品が好評なら、その商品の使用方法や日常生活での
活用ポイントなどの情報も提供します。

お客様が商品を気に入ってくれれば、彼らが自宅で使いこなすためのアドバイスも提案し、
長期的な満足度を高める手助けをしましょう。

WEBサイト・SNSの管理

エステティシャンの業務には、WEBサイトやSNSの管理が含まれます。

お店が集客や宣伝にこれらのプラットフォームを利用している場合、定期的な更新や
積極的な宣伝活動が欠かせません。

SNSやホームページを通じて、新規顧客の獲得やリピーターの促進を図ります。
お客様に魅力的な情報や特典を提供し、彼らの興味を引きつけるようなコンテンツを発信します。

ホームページの更新やSNSでの投稿、プロモーションの実施など、様々な手法を用いて集客を促進し、
お店の認知度を高め、売上を伸ばします。

新規顧客の獲得と同時に、リピーターの増加も重要です。

エステサロン内の衛生管理

エステティシャンの業務には、エステサロン内の衛生管理も含まれます。
清掃やタオルの洗濯など、日々の衛生管理は施術と同様に重要です。

清潔感のある空間を維持することが、お客様に安心感と満足感を提供する基本です。

お客様が施術を受けた後には、器具の消毒やサロン内の掃除、使用したリネン類の洗濯など、
衛生管理に関わる作業を丁寧に行います。

これにより、お客様が快適な環境で施術を受けることができ、サロンの信頼と評判を
築くことができます。

エステティシャンが行う施術内容

エステティシャンが行う施術内容

エステティシャンが提供する施術には、フェイシャルケア(洗顔、マッサージ、パック)、
ボディケア(マッサージ、ボディスクラブ)、脱毛(光脱毛、レーザー脱毛)が含まれます。

これらの施術は、肌や体の健康をサポートし、顧客の美しさとリラックスを追求します。

フェイシャルケア

フェイシャルケアは、エステティシャンが提供する施術で、頭部を含む首から上に対して行われます。

手技や専用の機器を使用し、美肌や美白、シワやたるみの改善を目的としています。
具体的には、クレンジング、ピーリング、マッサージ、保湿パックなどのプロセスが含まれます。

クレンジングで毛穴の汚れや古い角質を除去し、ピーリングで肌表面を整えます。
続いて、マッサージで血行を促進し、保湿パックで肌に栄養と潤いを与えます。

フェイシャルケアは、リラクゼーションと美容効果の両方を実感できる施術です。

ボディケア

ボディケアは、エステティシャンが提供する全身に対する施術です。
手技や専用の機器を使用し、皮膚の美化や痩身を目的としたケアを行います。

具体的には、オイルやクリームを使用して全身のケアを行うほか、リンパの流れを改善する
ボディマッサージや、痩身を目的とした施術が含まれます。

オールハンドの手技による施術では、エステティシャンが手のみを使って丁寧に体をケアします。

一方、機器を使用した施術では、キャビテーションやラジオ波、
EMSなどの最新技術を駆使して、肌の引き締めを図ります。

脱毛

エステティシャンが行う施術には脱毛もあります。

脱毛には、特定の部位に焦点を当てた部分脱毛と、全身の毛を取り除く全身脱毛
二種類があります。

エステサロンで行われる脱毛は主に光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれる方法で、
専用の機器を使用して脱毛したい部分に光を照射し、毛根にダメージを与えることで毛の再生を
抑制します。
この方法は、比較的痛みが少なく、広い範囲を効率的に処理できるため、多くの人に利用されています。
なお、医療行為とされており、医療機関でのみ実施可能です。

光脱毛は、安全性が高く、エステサロンで手軽に受けられるため、
多くの方に選ばれる脱毛方法となっています。

まとめ

まとめ

今回は、エステティシャンの業務内容に関心のある方に向けて、
エステティシャンの仕事について紹介して参りました。

具体的には、1日におけるエステティシャンの仕事の流れについて。
そして、エステティシャンの業務内容についても詳しく紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか?

エステティシャンの業務内容は多岐にわたるのに加え、エステサロンによって
提供している施術の内容が異なります。

転職を考えている方は、就職したい店舗の提供する施術内容についてよく調べてから、
面接に臨みましょう。
今回の記事が参考になれば幸いです。