04

SALOSUTA MEDIA

ASP型予約管理システムとは一体何か!メリット・デメリットを解説


予約管理や顧客管理を効率よく行うため、予約管理システムの導入を検討しているサロン経営者の方が多いのではないでしょうか。
予約管理システムにはさまざまなものが存在します。
手軽に利用するなら、インターネット経由で使えるASP型予約管理システムがおすすめ。
この記事では、ASP型予約管理システムのメリット・デメリットについて解説していきます。
予約管理システムの導入を予定している方は一度参考にしてください。

ASP型予約管理システムとは

ASP型予約管理システムはインターネット経由で利用できる予約管理システムです。
予約管理システムは以下の種類が存在します。

  • ポータルサイト型
  • オンプレミス型
  • ASP型

ASPは「アプリケーションサービスプロバイダー」の略。
インターネット経由で業務用アプリケーションサービスを提供する事業者のことを指します。
ASP型予約管理システムはインターネットに接続できれば利用できます。
手軽に使える予約管理システムを探している方におすすめ。

ASP型予約管理システムのメリット

ASP型予約管理システムを導入するメリットとして、以下のものが挙げられます。

  • すぐに導入しやすい
  • 手間のかかる業務の自動化が可能
  • インターネット環境が整っている場所で利用可能
  • バージョンアップ作業が不要
  • ヒューマンエラーの対策に繋がる

サロンの業務を効率よく行いたいと感じている方に向けて各メリットについて取り上げます。

すぐに導入しやすい

ASP型予約管理システムはインターネットに接続すれば使えるクラウドサービスのため、すぐに導入しやすいです。
ソフトのインストールや専用の設備を準備する手間がかかりません。
面倒な手続きや設定がなく、パソコンやインターネットに詳しくない方でも契約したその日から利用できます。
インターネット上のサービスなので、複数のパソコンで利用したい場合も手間なく簡単に使えるのもメリット。
導入コストも低いケースが多く、手間なくコストを抑えられます。

手間のかかる業務の自動化が可能

業務の一部を自動化できるため、業務の効率化とスタッフの負担軽減を図れるのもメリットです。
予約管理業務が大変だと感じているサロン経営者の方が多いのではないでしょうか。
予約管理システムを導入すれば、予約受付や確認メール送信などを自動で行えます。
接客を中断して予約受付をせずに済むため、接客に集中しやすくなるのがポイント。
システム上で予約を一元管理できるので、予約・顧客管理が手作業に比べて効率よくできます。

インターネット環境が整っている場所で利用可能

インターネット環境が整っている場所であれば、どこでも利用できるのも導入するメリットです。
中には、パソコンだけではなくスマートフォンで利用できるASP型予約管理システムも存在します。

バージョンアップ作業が不要

システムのバージョンアップは自動的に行われるため、導入後にバージョンアップやバックアップの手間がかかりません。
ソフトをインストールするタイプのシステムだと、バージョンアップのたびに対応が必要なケースが多いです。
また、インストールした端末ごとに作業しなければなりません。
ASP型予約管理システムはクラウドサービスのため、インストールの必要がないのもメリットです。
手間をかけず、いつでも最新の予約管理システムを利用したい方はASP型予約管理システムをチェックしてください。

ヒューマンエラーの対策に繋がる

予約の取り忘れや日時の記載ミス、ダブルブッキングなどのヒューマンエラーの防止に繋がるのもメリット。
予約管理システムを使用しない場合、予約内容や日時などを手作業で記録・管理する必要があります。
予約数が多くなればなる程、ヒューマンエラーが起こりやすくなるので注意してください。
業務が忙しくなるのもヒューマンエラーが起こる原因。
予約に関するミスはお客様に迷惑をかけます。
ASP型予約管理システムの場合、お客様が予約内容を入力した後、システムが自動で予約受付や管理を行います。
ヒューマンエラーを減らしたい方はASP型予約管理システムの導入を検討しましょう。

ASP型予約管理システムのデメリット

ASP型予約管理システムはメリットだけでなく、デメリットがあるのに注意しなければなりません。
デメリットを理解した上でASP型予約管理システムの導入を進めることが重要。
ここでは、ASP型予約管理システムのデメリットについて取り上げます。

利用料金が発生する

多くの予約管理システムは利用料金が発生します。
ASP型予約管理システムの場合、専用の設備が必要ないため、月額料金が発生するケースが多いです。
相場は約5,000~10,000円。
プランによって利用料金も利用できる機能も変わります。
サロンに必要な機能と予算を考慮し、どのASP型予約管理システムを導入するか検討してください。

既存のシステムとの互換性を確認する必要がある

サロンで自社システムなどを使用している場合、導入を検討しているASP型予約管理システムとの互換性をチェックしましょう。
ASP型予約管理システムは自社システムと互換性がなく、使用できない可能性がある点に注意してください。
互換性がないと、スムーズにデータ移管できず、余計な手間やコストがかかります。
自社システムと予約管理システムを連携させたい場合、システム導入前に互換性を確認することが重要。

ASP型予約管理システムでセキュリティレベルが変わる

ASP型予約管理システムによってセキュリティレベルが変わる点もデメリットです。
予約管理システムはお客様の個人情報を取り扱います。
情報が漏洩するのを防ぐためには、セキュリティ対策が重要。
自社で非常に厳しいセキュリティ基準を設けている場合、自社の基準に合わない可能性もあります。
個人情報の管理はサロンの信用に関わるため、セキュリティレベルが高い予約管理システムを導入しましょう。

まとめ

ASP型予約管理システムはすぐに導入しやすく、予約管理業務を自動化できるのが主なメリット。
ソフトのインストールやバージョンアップの手間がかからないのに加え、ヒューマンエラー対策を行えます。
導入する際、ランニングコストや既存システムとの互換性、セキュリティレベルなどに注意しなければなりません。
気になるASP型予約管理システムを見つけたら、どのような機能があるかなどを細かくチェックしてください。