04

SALOSUTA MEDIA

エステサロンの店長はどのくらいの年収を得られるかについて解説!


エステティシャンはお客様の美しさを引き出す職業。
すでにエステティシャンとして活躍している方の中には、キャリアアップなどに関心を持っている方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方々のために、エステサロンの店長になった場合の年収について解説していきます。
独立などを視野に入れている方は一度参考にしてください。

エステサロンの店長になると年収が上がる

厚生労働省の調査によると、エステティシャンの平均年収は、約320万円と言われています。
これはあくまでも平均年収です。
エステサロンの店長になると、年収が上がるのが一般的。
また、施術業だけでなく、売上管理やスタッフの研修などの裏方業務が増えます。
指名数やスキルに応じた手当の上乗せなどを合わせると、店長の月収は約30万円~40万円なると言われています。

エステサロンで年収を上げるための方法

エステサロンで働く中で年収を上げるために何をすれば良いか疑問に感じているのではないでしょうか。
ここでは、エステサロンで働きながら、年収を上げるための方法について紹介します。
気になる方はチェックしてください。

指名客を増やす

年収アップにつながる方法の1つに指名客を増やすことが挙げられます。
エステサロンによっては、指名客を獲得する度、給料にインセンティブを上乗せする場合があります。
固定給+歩合という給与体系をとっているサロンも数多く存在。
指名客が増える度にインセンティブが増えるため、年収アップにつながります。
1人でも多くの指名客を獲得するために適切なカウンセリングと質の高いサービスを心掛けましょう。

売上目標を達成する

売上目標を達成することで、インセンティブがつく場合もあります。
売上目標の達成はサロンの売上増加に貢献していることの表れです。
継続して売上目標を達成すると、昇進や昇給につながる可能性が高いのがポイント。
お客様のニーズに適したオプションメニューや物販品をおすすめし、客単価アップを図りましょう。

資格を取得してスキルアップを目指す

資格手当を支給しているエステサロンも存在します。
資格手当はエステサロンで定められた資格取得することにより、給与に手当を上乗せするシステム。
エステの資格で代表的なものとして、以下のものが挙げられます。

  • AEA認定エステティシャン資格
  • 日本エステティック協会資格

取得すれば、手当が出るだけでなく、認定証で自身のスキルを証明できるのがポイントです。
お客様に信頼して頂くためにも、資格取得を意識してください。

スキルを身につけてから独立するのも年収を上げる手段

エステサロンでエステティシャンとしての経験を積んだ後、独立してエステサロンを開業するのも年収を上げる方法。
経営が安定すれば、年収500万円以上稼ぐ可能性もあります。
開業費用が高額になる点や集客が安定しなかった場合などを想定し、独立の準備を進めることが重要です。
開業する際、綿密な計画を立ててください。

エステサロンの店長に求められるもの

エステサロンの店長には、さまざまなものが求められます。
独立に向けて必要なスキルを身につけなければなりません。
ここでは、エステサロンの店長に求められる能力について解説していきます。

施術に関する知識・技術

店長であっても、指名客や新規のお客様の施術を担当する場合があります。
その際、スキルや知識が足りないと、お客様とスタッフの信頼を失うため、注意してください。
店長になってからも、施術に関する知識や技術を身につけることが求められます。
業界のトレンドや最新技術などに関心を持ち、質の高いサービスを提供しましょう。

スタッフの指導力

一緒に働いているスタッフを指導する能力も店長に求められます。
技術や知識面での指導だけでなく、コミュニケーションや定期的な面談を通じ、目標や悩みなどを共有することが重要。
トラブルをいち早く解決し、働きやすい環境づくりを心掛けてください。
各スタッフのスキルアップやエステシャンとしての成長をサポートするのも店長を続けていく際のポイント。
社内の研修や外部の人材育成セミナーなどに参加することをおすすめします。

売上・目標管理

店長になると、エステサロン全体の経営面での管理も任されるようになります。
エステサロンの売上・目標管理に関する能力として、以下のものが挙げられます。

  • サロンのコストや売上に関する数値を管理する能力
  • 集客率アップや目標達成に向けたマーケティング能力
  • スタッフを育成・管理する能力

エステサロンを維持し続けるためにも、さまざまな能力を身につけなればなりません。
売上・目標管理を行うために本やセミナーなどで経営に関する知識を習得してください。

まとめ

エステサロンの店長になると年収が上がりますが、さまざまな能力が求められます。
施術に関する知識や技術だけでなく、スタッフに対する指導力や売上・目標管理の能力も店長に必要です。
長期にわたってエステサロンを経営し続けるためには、お客様のニーズを把握しなければなりません。
エステサロンの開業を予定している方は独立の準備を十分行ってください。