04

SALOSUTA MEDIA

夏にエステのキャンペーンを開催する際のポイントについて解説!


「新規のお客様がなかなか増えない」「SNSに投稿するネタがない」などの悩みを感じている方が多いのではないでしょうか。
エステサロンを長期にわたって運営するためには、集客や宣伝方法について検討する必要があります。
季節を限定したキャンペーンはエステサロンの集客を増やす方法。
お客様のニーズを意識し、キャンペーンの内容について検討しましょう。
この記事では、エステサロンの需要が高まる夏のキャンペーンについて取り上げます。
気になる方は一度参考にしてください。

エステサロンのキャンペーンを行うメリットとはそもそも何か

エステサロンでキャンペーンを行うメリットは以下の通り。

  • 新規顧客を増やすきっかけになる
  • SNSなどで話題を作ることができる
  • リピーターの顧客満足度を高められる

まずは各メリットについて説明します。

新規顧客を増やすきっかけになる

エステサロンは高額・いきなりコースを契約するのが怖いなど、心理的なハードルを感じている方が一定数います。
初めてのお客様を対象にしたキャンペーンを開催し、興味を惹くのが新規顧客を増やすポイント。
来店のハードルを下げ、エステサロンの雰囲気を知って頂くのに加え、施術を受けるきっかけを作りましょう。
夏はお客様のお悩みが顕在化しやすいため、夏に一体どのようなキャンペーンを開催するか検討してください。

SNSなどで話題を作ることができる

エステサロンを運営する際、SNSを活用した情報発信が重要。
定期的にエステサロンを紹介するだけでは、フォロワーの目を引くことは難しいです。
シーズン特有の悩みを解消するための対策など、フォロワーにとって有益な情報を発信しましょう。
口コミキャンペーンの実施など、SNSの特性を活かした話題づくりもSNSを活用する際のポイント。
SNSは新規・既存両方の顧客にアピールできるため、積極的に利用してください。

リピーターの顧客満足度を高める

新規顧客に対する施策だけでなく、既存顧客に向けてキャンペーンを打ち出しましょう。
過去に来店したことのあるお客様もコースが契約中でなければ、足が遠のく可能性があります。
夏は季節特有の悩みも顕在化しやすい時期。
顧客の悩みに訴求するタイミングです。
雨が多い時期や予約が少ない時間帯を対象に割引キャンペーンや特典をつけるなど、リピーターの来店を促してください。

夏に開催するエステサロンのキャンペーンの決め方

夏は服装が薄着になることもあり、特にエステサロンの需要が高まる時期。
また、ボーナスが出る時期です。
エステサロンに行ったことのない方にケアの重要性・施術の効果を感じて頂ければ、来店するきっかけになるかもしれません。
夏に実施するエステのキャンペーンは引き締め・脱毛・黒ずみ解消・セルライト解消・紫外線対策などが相性が良いです。
お客様のニーズ・エステサロンのコンセプトなどを踏まえ、キャンペーン用のメニューを検討していきましょう。

ジューンブライドを意識する

6月はジューンブライドです。
結婚式の準備としてエステサロンに通う女性は多くいます。
準備期間は平均で3ヵ月。
予算や日程などは人によって異なります。
結婚式の準備に時間や費用をかけられなかった方を対象に以下のキャンペーンを検討してはいかがでしょうか。

  • 短期間でコースを組める駆け込みキャンペーン
  • 当日のメイクのりを良くすることを目的とした施術

ピーリングなど、刺激の強いフェイシャルエステや普段から行わない手入れは予想外の肌トラブルを起こす可能性があります。
挙式直前の施術を行う際は注意してください。
挙式の直前に行うシェービングやネイルなどを取り入れ、ブライダルを意識したキャンペーンづくりを行いましょう。
秋に挙式を予定している方に向けて、しっかりと時間をかけたコースを用意するのもポイント。

GW・母の日を意識したキャンペーンを開催する

初夏のイベントにゴールデンウィークや母の日があります。
本格的な夏を迎える前に、ボディケアや美白ケアなどの意識が高まることが予想されます。
集客を増やすためにゴールデンウィークを利用したキャンペーンを打ち出してはいかがでしょうか。
また、美容サロンの特性上女性向けの施術が多いことから母の日も適したイベントです。
プレゼントとして利用できるキャンペーンや親子で同時に施術できるキャンペーンなど、幅広い年齢層に対応してください。

ノースリーブス・水着を着る方のニーズに応える

本格的な夏を迎えると、ノースリーブを着る方・海やプールで水着になる予定のある方が増えてきます。
多くの方が二の腕のブツブツ・デコルテや背中のザラつき・黒ずみ・ムダ毛の処理などを気にします。
自分の好きなファッションを楽しみたい方に向けて、メニューの内容を検討してください。
また、紫外線対策も多くの方が感じている悩みの1つに挙げられます。
対策をしていても、ノースリーブや水着になることで日焼けする場合があります。
紫外線ダメージによる日焼けや色素沈着、乾燥を改善したい方に向けて保湿と美白メニューを提案しましょう。
日焼け直後のお肌はデリケートになっているので、事前のヒアリングやメニュー内容を検討するのも重要です。

乾燥肌に悩まされている方を意識する

乾燥肌の悩みは季節を問いません。
夏になると、腕や脚が見える服装になる機会が多いです。
膝や肘のかさつきや黒ずみ、二の腕やひざ下の乾燥などが気になる方も多くいます。
夏に集客する際、二の腕や脚など乾燥が気になる部位に特化したコースを設けましょう。

エステサロンのキャンペーンを成功させる際のポイント

夏に開催するキャンペーンを成功させるためには、ポイントを何点か押さえる必要があります。
主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

  • 目的を明確にする
  • 事前告知を行う
  • オリジナル商品のサンプルを用意する
  • キャンペーン開催後の効果を検証する

集客するために綿密な計画を立てるだけでなく、キャンペーン開催後の運営に活かすことが重要。
ここでは、エステサロンのキャンペーンを成功させる際のポイントについて解説していきます。

目的を明確にする

まずは目的を明確にしてください。
キャンペーンを開催する主な目的は以下の通り。

  • 新規顧客の獲得
  • リピーターの再来店
  • 新規メニューの認知向上

何を目的にするかにより、ターゲット層やアピール方法も変わってきます。
キャンペーンの内容について悩んでいる場合、目的やターゲット層について整理しましょう。
新規顧客の獲得が目的の場合、初めてのお客様限定で料金の割引やお試しコースの提供をおすすめします。
リピーター向けのキャンペーンを開催する際は再来店のお客様限定で割引や特典をつけるのも収益を上げるポイント。

事前告知を行う

目的とターゲットが明確になったら、キャンペーンの内容を事前に告知しましょう。
告知方法としては、店内POPやチラシなどのオフライン、SNSやホームページなどのオンラインがあります。
ターゲットの年齢層に合わせた事前告知を行うのが重要。
既存顧客と新規顧客の両方にアピールするためにも、オフラインとオンラインを同時に行うことをおすすめします。

オリジナル商品のサンプルを用意する

キャンペーンの施策として、オリジナル商品のサンプルを特典につけることも有効です。
直接的な割引や新規顧客向けのお試しコースは集客につながります。
過剰な割引は正規価格に戻った際、客離れにつながる可能性があるので、キャンペーンを開催する際は注意してください。
安売りのイメージはエステサロンのブランディングを崩すことにもなり兼ねません。
適切な割引額を設定しつつ、化粧品のサンプルをプレゼントしてお客様の興味を惹くことが重要です。
サンプルを試して頂くことにより、その後の商品の購入にもつなげやすくなるのがメリット。

キャンペーン開催後の効果を検証する

キャンペーンをただ実施するだけでなく、どのような効果があったのか開催後に検証しなければなりません。
分析するポイントとして、主に以下のものが挙げられます。

  • 新規での来店数
  • リピーターの再来店数
  • 媒体毎の予約数
  • 人気のコース

効果や課題となった部分を理解したい上で次回のキャンペーンを開催しましょう。
また、その場限りの効果とならないよう、キャンペーン後のリピーター施策につなげてください。
新規顧客を増やしつつ既存顧客を定着させるためにも、長期視点での検証を行うことが重要です。

まとめ

夏はエステサロンのニーズが多くなる時期。
お客様のニーズや悩みを汲み取り、キャンペーンの内容を検討することが重要です。
1人でも多くの方にエステサロンの存在を知って頂くためにキャンペーンの告知を行わなければなりません。
質の高いサービスを提供し、多くのお客様に愛されるエステサロンを目指してください。