04

SALOSUTA MEDIA

エステサロンとリラクゼーションサロンの違いについて解説!

エステサロンとリラクゼーションサロンの違いについて疑問に感じている方が多いのではないでしょうか。
それぞれのサロンの特徴を理解し、お客様にサービスを提供するのが重要。
この記事では、エステサロンとリラクゼーションサロンの違いについて説明します。
開業時のポイントについても触れていくので、気になる方は参考にしてください。

エステサロンとリラクゼーションサロンの違い

エステサロンとリラクゼーションサロンは施術内容や目的に違いがあります。
まずはそれぞれの違いについて解説していきます。

エステサロン

エステサロンは専用の美容機器やハンドマッサージなどにより、肌やボディの悩みについてサポートするサロン。
エステサロンの主な目的として、以下のものが挙げられます。

  • 痩身
  • 美白・アンチエイジング
  • 脱毛

エステティシャンがカウンセリングでお客様の悩みを把握した後、施術を提供します。

リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンの主な施術はマッサージです。
マッサージで身体の疲れをほぐします。
アロマやオイルによる香りや空間づくりなどにより、リラックス効果やストレス緩和効果を促すのも特徴。
タイ古式マッサージや足ツボマッサージなど、身体のコリをほぐすことに特化したサロンも存在します。

目的に応じてどちらを開業するか判断するのが重要

エステサロンとリラクゼーションサロンでは、目的や施術内容に違いがあります。
開業する際、準備する備品・習得した方が良いスキルなども変わってきます。
どのような悩みを抱えている方に施術を提供したいかを踏まえ、サロンの開業を進めてください。

エステサロン・リラクゼーションサロンを開業するポイント

サロンを開業する際、一体どのような点に注意すれば良いか疑問に感じているのではないでしょうか。
ここでは、エステサロン・リラクゼーションサロンを開業する際のポイントについて取り上げます。
ポイントを押さえ、サロンの経営・集客を行ってください。

三方よしを意識する

三方よしは売り手よし・買い手よし・世間よしの三方が満足している状態を指す言葉。
日本では、商売をする際の基本的な考え方として、古くから親しまれています。
売り手と買い手だけが満足する商売ではなく、商売を通じて世間に貢献することが重要です。
サービスの提供を通じて、業界の活性化を促しましょう。

独自性を出すために他店を研究する

サロンを開業する際、お客様を惹きつけたるための独自性を意識してください。
他店を研究し、他店にはないものを提供することが開業時のポイント。
独自性を出すためにサロンのコンセプトを明確にすることをおすすめします。

必要な機器を揃える

施術内容に合わせ、機器や備品の準備を行わなければなりません。
サロンのコンセプトやメニューを決めた後、どのような機器が必要なのか調べましょう。
エステサロンの場合、お客様のニーズを満たすために高価な機器の導入が必要な場合もあります。
購入するのが難しい場合、中古品やリース契約を利用して機器を揃えるのも選択肢に挙げられます。

SNSでの集客を上手く行う

近年は若い世代を中心にSNSを使って、サロンを探す方が増えています。
サロンの認知度を上げるためにSNSを利用することが重要。
それぞれのSNSには特色があります。
SNSごとの特色を活かしたコンテンツを積極的に投稿してください。
ハッシュタグ機能などを駆使するのがコンテンツを投稿する際のポイント。
より多くのお客様にサロンの存在を知って頂きましょう。
SNSから予約をできるように連携することで集客につながりやすくなります。

最新のトレンドに関心を持つ

お客様が満足するサービスを提供するためには、普段から業界のトレンドに関心を持つのが重要。
キャンペーンや物販にトレンドを反映させ、集客を増やしましょう。
幅広い分野のトレンドに関する情報を仕入れておけば、お客様とのユニケーション材料にもなります。

まとめ

エステサロンとリラクゼーションサロンは得意な施術が異なります。
サロンを開業する際、お客様のニーズを意識したサービスを提供することが重要。
どのような施術を行うか迷っている方はコンセプトを一度検討してはいかがでしょうか。
コンセプトによっては高価な機器を導入する可能性があります。
質の高いサービスを心掛け、多くの方に愛されるサロンを目指してください。