04

SALOSUTA MEDIA

エステのコンセプトで他店と差別化を図ろう!策定方法を詳しく解説!


エステサロンにおいて、コンセプトの選定は経営を成功させる上で欠かせないポイント。
コンセプトの選定が上手くいかず、悩んでいる方も多いです。
この記事では、コンセプトの重要性や決め方について解説していきます。
ポイントを押さえ、エステサロンの経営に活かしてください。

そもそもエステサロンのコンセプトとは

コンセプトとは、「概念」や「全体を貫く基本的な観点・考え方」などの意味を指す英単語。
エステサロンにおけるコンセプトは経営の軸となる考え方のことを指します。
コンセプトが明確になっていることにより、スタッフも共通の認識を持って取り組めます。
どのようなサービスを提供するかなどを明確にするためにも、コンセプトについて検討してください。

コンセプトが大切な理由

エステサロンにおいて、コンセプトは経営・集客に関わる要素です。
ここからはコンセプトがなぜ大切なのかについて解説していきます。
エステサロンの経営や集客に携わっている方はコンセプト策定の参考にしてください。

他店との差別化を図れる

コンセプトを策定することで他店との差別化が実現します。
近年、エステサロン業界は集客競争が激しくなっています。
安定した集客を実現するためには、他のエステサロンとの差別化を図ることが重要。
こだわりや考え方を前面に打ち出し、来店を促しましょう。
お客様に伝わりやすいコンセプトにするのが策定時のポイントです。

サロン独自の価値を伝えられる

コンセプトに合わせて、メニューや内装も作り上げてください。
エステサロンの独自性や利用価値を高め、お客様を惹きつけましょう。
リピーターを1人でも多く増やすためにも、エステサロンの独自性をどのように打ち出すかが重要になってきます。

経営の軸になる

コンセプトは経営の軸となる存在。
コンセプトを明確にし、サービスの内容・サロンの存在意義・目指すべきものをスタッフで共有しましょう。
スタッフ1人1人が同じ方向に向かって努力することができ、サービスの質の向上につながります。

エステサロンのコンセプトの策定方法

コンセプトが大切とはいえ、策定するのが難しいと感じている方が多いのではないでしょうか。
ここでは、コンセプトを策定する際のポイントについて取り上げます。
コンセプトの内容を詰め、経営・集客に反映させてください。

企業理念を明確にする

コンセプトを策定するにあたり、エステサロンの企業理念を明確にする必要があります。
企業理念はエステサロンの存在意義や目指すべきものを分かりやすく言語化したもの。
エステサロンの考え方の土台となるものです。
スタッフの行動指針の基礎となるものも企業理念に含まれます。
企業理念を組み立てた後、実現するために一体何が必要なのか検討してください。

ターゲットを定める

ターゲットとするお客様を明確にするのもコンセプトを策定するポイント。
お客様の層によって、エステサロンに求めるサービスの内容が変わってきます。
コンセプトを決める前の段階でターゲットとする客層を明確化しましょう。
ターゲットが決まっていると、メニューの設定や店内の雰囲気作りが行いやすくなります。
ターゲット層を設定する際、年齢や性別だけでなく、バックグラウンドまで細かく設定するのも重要です。

競合をリサーチする

近隣の競合するエステサロンに関するリサーチも行いましょう。
競合店舗と似たようなコンセプトでは、集客効果は下がる可能性があります。
競合のエステサロンをリサーチする主なポイントは以下の通り。

  • ターゲット層
  • サロンの雰囲気やメニュー

競合のエステサロンと異なるお客様の層にアプローチするのも集客する上で重要です。

独自の強みを考える

エステサロン独自の強みを考えることもコンセプトを策定する際のポイント。
メニューや商材、サービスなどにこだわり、お客様が来店したいと感じさせることが重要になってきます。
ターゲットに設定したお客様のニーズに合わせ、独自の強みを考えましょう。

NGなコンセプトとは

コンセプトを上手く策定すれば、集客効果を期待できます。
中には、策定しても集客効果につながりにくいコンセプトもあります。
ここからはNGなコンセプト例を紹介します。
気になる方は一度参考にしてください。

曖昧で漠然としたコンセプト

コンセプトが曖昧で漠然としていると、エステサロンの独自性がお客様に伝わりにくいです。
「美しくなれるエステ」だけだと一体どのようなエステサロンなのか分かりにくいのではないでしょうか。
「忙しいママたちも気軽に通えるエステサロン」のように具体的なコンセプトにするのが重要。
ターゲット層やエステサロンの雰囲気、エステサロンを利用するメリットを分かりやすく伝えましょう。

価格の安さだけを意識したコンセプト

価格の安さだけをアピールするコンセプトも避けてください。
施術価格の安さはお客様を惹きつける反面、お客様が定着しづらいのがデメリット。
また、予約が増えれば、スタッフの負担が増え、お客様満足度の低下につながるかもしれません。
価格ではなく、質の高いサービスで勝負できるコンセプトを策定しましょう。

まとめ

コンセプトの策定はエステサロンを成功へと導く際のポイント。
策定する際、お客様を惹きつけるためのポイントをしっかり押さえるのが重要です。
エステサロンの魅力がお客様に分かりやすいかどうか検討しなければなりません。
他のエステサロンにない魅力をアピールし、多くの方に愛されるエステサロンを目指してください。