04

SALOSUTA MEDIA

サロンの予約にLINEを導入するメリットとは?予約の方法まで解説


サロンの予約を増やすためには、サービスの内容だけでなく、予約方法を検討するのも重要。
LINE公式アカウントを用いて予約を増やしているサロンも存在します。
人によっては、LINEの導入を予定しているのではないでしょうか。
今回はサロンの予約にLINEを導入するメリットについて解説していきます。
予約の方法についても取り上げるので、気になる方は参考にしてください。

サロンの予約にLINEを活用するメリット

LINEは日本国内で多くの方が利用している通信インフラ。
利用率の高さからサービス業界でもお客様のコミュニケーションツールとしても利用されています。
まずはLINEをサロンの予約に活用するメリットについて解説するので、気になる方はチェックしてください。

時間や場所を問わずに予約を受け付けられる

LINE公式アカウントを開設していると、スタッフはスマートフォンやPCなどから管理できます。
お客様は思い立った時に気軽にサロンへ連絡することが可能。
システム連携することにより、LINE上でいつでも予約を受け付けられます。
サロンが定休日の時でも、メッセージだけ送っておいて返事を待てます。
また、スタッフもいつでも・どこでもお客様に対応できるのもメリット。
LINEを導入すれば、機会損失を減らしやすくなります。

キャンペーン情報などの発信で集客を促せる

LINE 公式アカウントを用いれば、一斉にメッセージを配信できます。
年齢層・性別・サロンのLINE公式アカウントとお友達になった期間などで仕分け・配信することも可能。
お友達になってもらったお客様に月に何通メッセージを送れるかは利用しているプランによって異なります。
キャンペーン情報やクーポンなどをお客様にお知らせし、来店を促せます。
月に1回や週に1回など、使い方はさまざま。
定期的にお客様に認知して頂けます。

チャット機能で相談を受け付けられる

個別チャット機能を使えば、お客様からの相談を受け付けられます。
LINE公式アカウントは気軽にコンタクトできるコミュニケーションツールとして役立ちます。
画像なども送れるので、電話連絡では伝えられないことも伝えられるのがメリット。
デメリットとして、オンタイムですぐ返事が頂けない可能性がある点です。
チャット機能を活用する際は注意してください。

リマインドメッセージを送信できる

予約1日前・2日前などに予約のリマインドメッセージをお客様に送信できます。
システム連携すれば、自動でメッセージを送信できるのもメリット。
収益を伸ばすためにも、予約忘れを減らしましょう。

来客時間を設定できる

サロンが元々使っている予約システムへのリンクを設定すれば、予約を受け付けられます。
チャット機能で直接お客様の予約を受け付ける場合、お客様の都合やサロンの予約状況に合わせて来店時間を設定できます。
無駄のないスケジュール調整を行うことにより、サロンの回転率を改善しやすいのがポイント。

予約漏れ・ダブルブッキングを防止できる

サロンの予約にLINEを活用すれば、お客様とサロンのやり取りが履歴として残ります。
予約漏れやダブルブッキングを防止できるのがメリットです。
お客様との間でトラブルを避けるためにも、予約漏れなどの対策を行うのが重要。
LINEと予約システムを連携させることにより、予約が自動化されます。
予約を頂いた時点でサロンが使っている予約システムに即座に反映されるため、予約漏れなどを防止できます。

LINEでサロンの予約する方法

LINE公式アカウントでサロンの予約をする方法は大きく分けて3つあります。
1人でも多くのお客様に対応するためにも、予約する方法について押さえましょう。
ここでは、どのような方法で予約できるかについて触れていきます。

チャット機能

まずはLINE 公式アカウントのチャット機能を使った1対1のやり取りで予約を受け付ける方法。
チャットでの会話でお客様の要望を聞き、細やかな予約管理が行えます。
電話よりもメッセージでのやり取りが安心するという方も一定数います。
また、お客様は好きなタイミングでメッセージを送信し、予約を逃しにくくなるのもポイント。

LINE公式アカウントの予約システム

LINE公式アカウントに連携できる予約システムを使えば、他のサイトに移行することなく予約を受け付けられます。
お客様は会員登録やアプリのダウンロードなどをすることなく、好きなタイミングで予約できます。
サロンで受けた施術内容などの情報が残るシステムも存在するので、集客を増やすためにも上手く活用しましょう。

リッチメニュー

LINE公式アカウントのリッチメニューも予約する方法の1つ。
サロンが運用してる予約システムへのリンクボタンを設定すれば、お客様をサイトへ移行させることができます。
移行したサイトで予約を受け付けられます。
予約システムによっては、LINE上で完結しないため、注意しなければなりません。
リッチメニューにリンクを設定し、1人でも多くのお客様からの予約を受け付けましょう。

lineを導入する際はどのプランに加入するかが重要

LINEアカウントの開設費用は無料。
メッセージを一斉送信できる通数がプランによって異なります。
サロンの規模やどのぐらいの人数のお客様に登録して頂けるか予測することが重要です。
月に何回メッセージを送りたいかを明確にした上でプランを選んでください。
プランは全部で3つ存在します。

  • コミュニケーションプラン:月額無料で月に200通まで送信可能
  • ライトプラン:月額5000円で月に5000通まで送信可能
  • スタンダードプラン:月額15000円で月に3万通まで送信可能

スタンダードプランから1通3円で追加メッセージを送信できます。

LINEと連携できる予約システムを選ぶ際のポイント

LINE公式アカウントを効果的に活用できる連携システムは多岐にわたります。
どれを導入すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。
サロンの戦略に合った予約システムを選び、集客を増やすのが重要。
ここでは、LINEと連携できる予約システムを選ぶ際のポイントについて取り上げます。

ランニングコスト

LINEと連携できる予約システムを導入する際、ランニングコストを意識しなければなりません。
機能の数・セキュリティ・サポートなどが充実しているかどうかなどにより、ランニングコストが変わってきます。
予算に合った予約システムを導入し、予約管理の業務を効率よく行ってください。
使いたい機能を明確にし、コストダウンを図っていくのもサロンを経営する上で重要です。

どのような機能があるか

業務の効率化を図るために一体どのような機能があるか意識しましょう。
予約システムによって、搭載されている機能が異なります。
無駄がないように必要な機能のみ使うことが重要。
主な機能として、予約台帳機能や決済機能などが挙げられます。

どのようなサポートが用意されているか

サポート体制も選ぶ決め手。
予約システムによって、サポートの内容が異なるので注意してください。
サロンにネット関係に詳しいスタッフがいなくて導入するか迷っている方も多いのではないでしょうか。
アドバイザーから研修を受けられるかどうかチェックし、予約システムの導入を進めることをおすすめします。

LINEでのサロンの予約をサポートするおすすめの予約システム

LINEでのサロンの予約をサポートするおすすめの予約システムとして、以下の3つが挙げられます。

  • RE:RE
  • BeautyMerit
  • LiME

ここでは、各システムの特徴について紹介するので、一度参考にしてください。

RE:RE

RE:REは低コストのため、導入しやすいのがメリット。
LINEから予約受付ができるようになるだけでなく、オンラインショップも開設できます。
電子カルテをデータとして蓄積できるのも特徴に挙げられます。
また、メニューと施術に使う使用機器の紐付けをした予約枠の自動設定も可能。
大手予約サイトとの連携やGoogleカレンダーとの連携で予約の一元管理もできます。

BeautyMerit

BeautyMeritは機能が充実している予約システムです。
自社予約システムの構築をすることにより、Web上で予約を受け付けられます。
サロンのオリジナル公式アプリを作成できるのもメリット。
予約管理を一元化し、他社サイトと連携ができるのも特徴の1つです。
リマインド機能・ポイント機能・電子カルテなど、さまざまな機能があります。
またサポート体制も充実しており、導入後に研修をして頂けるのもポイント。
システムを導入した後、分からないことを質問し、業務に支障をきたさないようにしましょう。

LiME

LiMEに搭載されている電子カルテは美容師や理容師が記入しやすい仕様になっています。
LLINE上で予約を受け付けられるだけでなく、Instagramでの予約や連携も可能。
お客様に施術写真を共有できるだけでなく、お客様からレビューを頂けます。
POSレジ機能により、複数店舗のカルテ共有もできるのもメリットです。

まとめ

サロンの予約にLINEを上手く活用すれば、予約管理を効率よく行うことが可能。
1人でも多くのお客様に対応し、機会損失を最小限に抑えましょう。
また、LINEと連携している予約システムによって機能などが異なります。
気になる予約システムを見つけたら、サロンの業務に適しているかどうか検討してください。