04

SALOSUTA MEDIA

業務用キャビテーションの種類と価格を紹介!家庭用との違いや選び方も


現在、痩身エステサロンの多くが業務用キャビテーション機器を導入しています。
家庭用のキャビテーション機器が出回る程の人気。
正直、どの機器を選べば良いか迷っているのではないでしょうか。
今回は業務用キャビテーション機器について詳しく解説していきます。
キャビテーションの導入を検討されているサロン関係者の方はぜひ参考にしてください。

業務用キャビテーションとは

業務用キャビテーションは多くの痩身エステサロンで取り扱っている痩身機器。
キャビテーションの効果に加え、業務用と家庭用との違いを押さえることが重要です。
まずは業務用キャビテーションの効果などについて解説していきます。

キャビテーションの効果

キャビテーションは特殊な超音波により、脂肪を分解し身体の外へ排出を促す痩身方法。
部分痩せやセルライトの解消に効果が期待できます。
脂肪細胞のみに反応するため、他の組織を傷つける心配がないのに加え、一度分解された脂肪細胞が失われます。
リバウンドしにくいのがポイント。
また、固くなった脂肪細胞をほぐすことで血液やリンパの流れを促進し、冷えやむくみの解消をサポートします。

家庭用との違い

近年では、家庭用キャビテーションも人気が高いです。
家庭で利用できるキャビテーションと業務用の違いは出力や性能。
家庭用のキャビテーションは安全性を考慮した設計となっています。
効果が出るまでには時間と回数を要します。
業務用のキャビテーションは高い出力なのに加え、用途によって性能を使い分けできます。
即効性に期待ができるのもメリット。

キャビテーションをおすすめするお客様の特徴

キャビテーションは痩身機器の中でも部分痩せに特化した機器です。
1回〜数回の施術でも効果を実感しやすく、以下のお客様におすすめ。

  • 「夏までにお腹周りをどうにかしたい」など、短期間で成果を出したい方
  • 「二の腕や太ももを引き締めたい」など、集中ケアをしたい方

エステにおすすめのキャビテーション機器を価格と共に紹介

キャビテーション機器の種類は多岐にわたります。
何を基準に選定すれば良いか迷っているのではないでしょうか。
ここでは、エステにおすすめのキャビテーション機器を5つ取り上げます。
価格にもついて触れていくので、気になる方はチェックしてください。

スリムフェイスカッター

スリムフェイスカッターはフェイシャル・ボディの全身施術に対応している複合痩身機器。
痩身に必要な機能を全て備えています。
肌にアプローチできるスリムレーザー・LED美容などを同時照射できます。
本体価格は110万円(税込)。
ローンやリース契約も可能です。

スリムショックⅡ

スリムショックⅡはボディ・フェイシャルで必要な7つの機能を搭載している多機能型複合機器。
神経・筋肉・脂肪・セルライトにアプローチできます。
たるみやほうれい線、フェイスラインなどのケアをサポートします。
本体価格は198万円(税込)。
ローンやレンタルプランも活用できます。
導入後も安心して利用できるようにするため、サポート体制を整えています。

シークレットメス

シークレットメスは13種類の機能で頭皮から足裏までケアできる多機能痩身美顔器。
キャビテーションやラジオ派、EMSの他に最新技術のサーマルフラクショナルによるボディメイキングを行えます。
スカルプハンドルで頭皮のリラクゼーション・毛穴ケアができるのも特徴の1つです。
本体価格は230万円(税込)。
ローンやリースに関してはメーカーと相談しなければなりません。

セルドライブプロ

セルドライブプロはボディとフェイシャルに対応した複合痩身機器です。
脂肪に合わせてラジオ派を自動切り替えし、2種類の波形でアプローチできます。
高密度超音波、サーマルフラクショナル、EMS +エレクトロポレーションのフェイシャル機能も搭載。
本体価格は198万円(税込)です。
ローンやリースも活用できるので、気になる方はチェックしてください。

セルブレイカーEX

セルブレイカーEXはキャビテーション+ラジオ派とバキューム+ラジオ派を搭載した機器。
2種類のハンドピースで同時施術が行えます。
キャビテーション・ラジオ派・吸引の痩身に役立つ3つの機能があります。
企画だけでなく、開発~製造まで全て日本国内で行われているのも特徴。
本体価格は93.5万円(税込)です。
リースやレンタルも可能なので、エステに導入するか検討してはいかがでしょうか。

キャビテーション機器の選び方

サロンのコンセプトや価格などを踏まえ、どのキャビテーション機器を導入するか検討しなければなりません。
ここでは、キャビテーション機器の選び方について紹介します。
気になる方は参考にしてください。

機能の豊富さ

キャビテーションは他の痩身施術と合わせて行うことにより、更なる効果が期待できます。
1台に複数の機能を搭載しているキャビテーション機器も存在します。
場合によっては、痩身だけでなく、フェイシャルエステやリラクゼーションなどのメニューを取り入れることも可能。
エステで一体どのようなサービスを提供したいかを検討した上で必要なキャビテーション機器の導入を進めてください。

操作性

業務用の機器は家庭用機器と違い、多機能で性能も高いものが多いです。
その分操作が難しく、複雑になる傾向がある点に注意しなければなりません。
操作が難しく扱いにくい機器は、使用方法をスタッフに説明するのに時間や人件費などのコストがかかります。
事前に操作性が複雑でないか調べ、導入後に研修やサポートが受けられるかをメーカーに確認してください。
安心してマシンが利用できる体制を整えることが重要です。

ランニングコスト

業務用キャビテーションを導入する際、本体価格だけでなく、ランニングコストも視野に入れましょう。
多機能なマシンを導入したい場合、性能が高ければ高い程、価格が高くなります。
レンタル・リースに対応しているかはもちろん、分割払いなど支払い方法を選択できるかチェックしてください。
初期コストを抑えつつ、キャビテーション機器を導入するのもエステを開業する上で重要です。

サポート体制・保証

業務用キャビテーション機器は数多くの部品を使用している精密機械。
故障やトラブルに対応してくれるメーカーを選ぶことをおすすめします。
機器の故障はサロンの売上やお客様の施術内容に影響を及ぼす可能性があります。
中古のキャビテーション機器は十分なサポートが受けられない場合があるので、注意してください。

まとめ

エステで用いられているキャビテーション機器は数多く存在します。
価格や機能、操作性などを加味した上で一体どのキャビテーション機器を導入するか検討しなければなりません。
集客を増やすためにも、エステのコンセプトを明確にし、導入するキャビテーション機器を決めるのが重要です。
エステのコンセプトなどに適したキャビテーション機器を用いて、お客様の悩みを解消してください。