04

SALOSUTA MEDIA

30代からがターゲット!?美容院事情を知って上手に集客しよう!

 

この記事では、美容院での30代からの大人女性をターゲットにした集客方法を解説します。大人女性は美意識が高く、髪に対する悩みに継続して相談やアドバイスが欲しい人が多いと言われています。

ターゲットとするお客様に合ったメニューやお店の雰囲気づくりで「また来たい」と思ってもらえるお店を目指しましょう。そうすることで、効率のよい集客や安定したリピーターの獲得へつながります。

 

美容院で30代からの大人女性をターゲットにする理由

 

美容院で30代からの大人女性をターゲットにする理由

大人女性は、リピート客になりやすい世代なので、サロンを気に入ってもらうことは大きな利益になります。

美意識が高く髪に対する悩みも多く抱えており、自分に合ったサービスや似合う髪型のアドバイスをしてくれるサロンには、長く通ってくれるようになるでしょう。

ここからは、大人女性をターゲットにする理由を詳しくみていきます。

 

美意識が高い

20代までは、「モテる」「愛され」など周りの目から見た自分を求める傾向があります。しかし、30代以上になると「私らしさ」「自分」といった自分目線を求め、こだわりが強くなり、高い美意識へとつながっていくのです。

自分のこだわっていることは、初対面の人より自分を知っている人に聞いてもらいたいですよね。大人女性は、自分らしさや髪の悩みを共有できるサロンを探しています。

大人女性の美意識に響くアドバイスや施術ができるスキルを磨きましょう。

 

髪の悩みが増える

大人女性は、髪に対する悩みを継続して相談したいと思っています。

たとえば、カラーリングによるダメージを相談したいのであれば、毎回違うサロンでアドバイスをもらうより、同じサロンで相談しつづける方が、効果や髪の様子も比較できますよね。

大人女性は、若いときと比べ、髪に対する様々な悩みが出てくる世代でもあります。そんな悩みに寄り添い、長い目で見たアドバイスや提案ができれば、サロンを信頼して来てくれるお客様の一人になってくれるはずです。

 

大人向け雑誌が充実

大人向け雑誌が充実しているのは、年齢だけでなくファッションの傾向などによっても細分化されている点にあります。それだけ、大人女性は人それぞれにこだわりが強く、理想の自分を叶えようとしていると言えます。

お客様にリピートしてもらうためには、「自分の理想を一緒に叶えてくれるサロンに出会えた」と思ってもらうことが必要です。大人女性に合ったメニューやサービスの研究をしましょう。

その人に合ったこまめなサービスによって、お客様の心をつかむ努力が大切ですね。

 

30代からの女性が美容院を選ぶ基準は?

 

30代からの女性が美容院を選ぶ基準は?

大人女性の美容院を選ぶ基準は、通いやすさや雰囲気など、自分のこだわりが叶うかが大きなポイントになります。ここからは、美容院を選ぶ基準について詳しくみていきます。

大人女性に選ばれるサロンについて考えてみましょう。

 

料金や距離などの通いやすさ

サロンに限らず、同じ場所に長く通おうと思うなら、料金や通いやすさはお客様にとって大切な指標になります。大人女性は、仕事や家庭、子育てなど役割の多い世代です。

  • 仕事帰りに立ち寄れるところにある
  • 平日の日中、子どもが居ない時間帯にお得なメニューがある
  • ショッピングモールなど、家族で楽しめる施設にある

など、ライフスタイルにあわせた立地やメニューがあるとスケジュールに入れやすく、お客様が通いやすくなります。お客様の立場からニーズを分析し、メリットを感じられる工夫をしましょう。

 

美容院の雰囲気

大人女性は、髪を切ることで単に髪型を変えたいだけでなく、「髪型を変えて気分を変えたい」と思っています。そのため、美容院の雰囲気づくりはお客様の心に大きく作用することを知っておくことが大切です。

店内を清潔に保つことはもちろん、接客やインテリアを工夫することで、おしゃれなサロンで気分をリフレッシュする演出をしましょう。

お客様に、いつもと違うワンランク上の自分を実現してくれた充実感を味わってもらうことで、また来ようと思ってもらえます。お客様の「髪型を変えてどうなりたいか」という気持ちに目を向けたサロンづくりが大切です。

 

スタッフとの年齢差がない

施術中のお客様とのコミュニケーションも、サロン選びの重要なポイントになります。美を意識して来店する大人女性にとって、スタイリストの年齢も気になるところでしょう。

普段の生活の場面でも、年の離れた相手とは少し価値観が違ったり、会話がかみ合わなかったりした経験が一度はあると思います。

お客様との年齢が近いことで、昔好きだったものや今のライフステージに共通する点が増え、お客様は親近感を抱いてくれる場合が多いです。

また、年相応の相談事がしやすく、信頼関係を築く面でも有利にはたらきます。接客の際は、お互いの年齢も要素として捉えておきましょう。

 

30代からのお客様がターゲットならこれが大事!

 

30代からのお客様がターゲットならこれが大事!

大人女性に「また来たい」と思ってもらうには、希望に沿う提案や、次回来店してもらうまでのケアなどのフォローが大切です。ここからは、大人女性がまた来たくなるサロンのポイントを解説します。

髪を切った日だけでなく、次に来る日まで快適に過ごせる毎日をお客様に提案しましょう。

 

希望を聞きつつ似合う髪型を提案する

お客様の希望にそった提案をし、信頼される接客をしましょう。大人女性は「自分に似合う」「私らしさ」を表現したいと思っています。お客様の希望をしっかり聞き取り、「どうなりたいか」を引き出すことが大切です。

たとえば、ロングヘアでも普段の生活で髪を結ぶのか、結ばないのかでレイヤーの加減も変わりますよね。少し専門的な視点も混ぜつつ、分かりやすくお客様に提案することを意識しましょう。

納得のできる提案で、お客様との距離がグッと近づき信頼されるスタイリストになれますよ。

 

ホームケアのアドバイスをする

今日のスタイルが自分の手で再現できるように、ホームケアについてもしっかりフォローしましょう。サロンに来た日は完璧なのに、自宅で再現するのはなかなか難しいと思っているお客様は多くいらっしゃいます。

「髪の毛が広がって困っている」というお客様なら、新しいトリートメントをすすめられるより、髪の乾かし方やセットの仕方などを、実際の施術を通して説明する方がより親身になって解決策を提案してくれるように感じられるでしょう。

このように、具体的にケアのアドバイスをすることで、お客様の信頼感は高まっていきます。

 

リラックスした時間を過ごしてもらう

マッサージを取り入れたシャンプーや落ち着いた空間を演出することで、お客様にリラックスした時間を過ごしてもらいましょう。

また、ヘアケアに関することだけでなく、お客様の普段の様子や生活のちょっとした話が聞けるようなコミュニケーションも大切です。

日々仕事や家庭にと、忙しく過ごしている大人女性にとって、日常を忘れホッとできる時間は貴重です。ヘアスタイルだけでなく、気持ちもスッキリしてもらえるサロンづくりを心がけましょう。

 

まとめ

 

まとめ

今回は、30代からの大人女性の特徴をふまえた集客方法について解説しました。30代からの大人女性は、髪の悩みやスタイルについて継続して相談したいため、できれば同じ美容室に長く通いたいと思っています。

そのため、お客様一人ひとりに合った気遣いやサービスを意識し、「また来たい」と思ってもらえる努力が大切です。心づかいを大切にし、多くのお客様に愛されるサロンを目指しましょう。